ワンセグチューナー


 

ワンセグ放送に関する質問集

ワンセグに関する質問集 INDEX

こちらではワンセグ放送に関する質問の中からお客様から多く寄せられた質問を紹介しております。

質問の部分をクリックするとその質問に関する弊社の返答を記載しております。

また、こちらに掲載してない質問などございましたらお気軽にサポートダイヤル及びお問い合わせフォームまで
お問い合わせください。

ワンセグってなんですか?

「ワンセグ」は、地上デジタル放送のサービスのひとつで、携帯電話型受信機などの移動体でも安定して受信ができるように設計されたサービスです。現在、ご家庭の地上デジタル放送受信機に送っている地上デジタル放送波の一部を使って送っています。

番組内容は、ご家庭向けの地上デジタル放送と同じですが、「ワンセグ」独自のデータ放送サービスがご利用が可能になります。

また、携帯電話の通信機能を使った双方向サービス、通信経由の詳細な情報もご利用いただけます。

サービスはいつからどこで始まるのですか?
○地上デジタル放送の「ワンセグ」は、2006年4月1日から三大広域圏(都市圏)と、13の県の放送局で始まりました。なお、NHKの一部の放送局の「ワンセグ」では、しばらくの間、地域向け放送時間(1日2時間程度)に他の地域向けの番組が流れます(試験電波)。
独立U局を含め全ての放送局がサービスを始めるのですか?
「ワンセグ」は、地上デジタル放送の一部ですので、独立U局も含め放送を行います。開始時期は、それぞれの放送局で異なります。また、NHKは、総合テレビ、教育テレビの両方でサービスを行っています。
なぜ「ワンセグ」というのですか?どういう意味ですか?

日本の地上デジタル放送は、1チャンネル、6MHzの帯域幅を13個のセグメントと呼ばれる箱に分割して放送を行うことが可能です。

ハイビジョン放送や複数の番組を同時に送出する編成を行う場合は12個の箱を用いて実施していますが、携帯端末に向けたサービスは、このうち1つの箱(1セグメント)を用いて放送を行うことができます。このことから、今回のサービスを「ワンセグ」と呼んでいます。

今のテレビとどう違うのですか?どのようなコンテンツが見られるのですか?

「ワンセグ」は、現在、ご家庭の地上デジタル放送受信機に送っている地上デジタル放送波の1部分だけを使って、携帯電話型受信機などの移動体端末でも受信しやすいように設計されたサービスです。

番組内容は、ご家庭向けの地上デジタル放送と同じですが、「ワンセグ」独自のデータ放送サービスがご利用いただけます。また、携帯電話の通信機能を使った双方向サービス、通信経由の詳細な情報もご利用が可能になります。ただし、通信機能を利用される際は料金がかかります。
今でも携帯電話でアナログ放送を受信できるものがありますが、「ワンセグ」は地上デジタル放送のひとつのサービスです。

何チャンネル視聴できますか?

「ワンセグ」は地上デジタル放送のサービスのひとつです。視聴できるチャンネル数は地域によって異なります。詳しくは、地域の放送局にお問合せください。

「ワンセグ」を見るにはどうしたらいいのですか?

「ワンセグ」に対応した受信機(「ワンセグ」対応の携帯電話、車載テレビ、PDAなど)が必要になります。詳しくは携帯電話会社やメーカーにお問合せ下さい。

2011年以降も使用できますか?

使用できます。ワンセグは地上デジタル放送の一部です。2011年以降も視聴することができます。

EPGはありますか? あるとすればどのようなものですか?

「ワンセグ」では、現在放送中の番組、および次の番組以後の情報を送出しています。各局の情報を組み合わせてどのように表示するかについては、受信機の仕様によって異なります。

ダウンロードサービスはありますか?
携帯電話型の受信機向けに音楽や静止画などのダウンロードサービスも想定できると考えておりますが、まずは映像サービスとテキストを主体にしたデータ放送、および通信連携のサービスが中心になります。
画質はどの程度ですか?ハイビジョンなのですか?

「ワンセグ」の映像の解像度につきましては、横方向が320ドット、縦方向が180ドットです。また、コマ数は15フレーム/秒です。

元の映像は、地上デジタル放送のハイビジョンと同じものですが、H.264(エイチ、ドット、ニーロクヨン)と呼ばれる方式で圧縮しており、携帯端末のような小画面を対象とした簡易動画です。ハイビジョンではありません。

なお、縦横の比率につきましては、元の映像と同様、16:9のハイビジョンと同じ画角です。

緊急警報放送(ウェイクアップ機能)はありますか?

地上デジタル放送と同様、「ワンセグ」でも、一部の放送局では、緊急放送信号の送出を予定しています。

一部の放送局では、緊急警報放送信号の送出を「ワンセグ」開始当初から予定しております。

受信機の動作につきましては、携帯電話会社やメーカーにお問合せください。

ウェイクアップ機能に対応した受信機であれば、緊急放送信号を受信した時に、自動的に起動し、テレビ放送の受信ができますが、現段階では、電池消費の問題もあり、当初の受信機では対応できていないと聞いております。

地震などの際の速報は今と同じように(映像の)画面に表示されるのでしょうか?

画面に表示されます。緊急情報については、データ放送での表示も検討しております。

デジタルラジオとの違いは何ですか?

デジタルラジオも「ワンセグ」も、放送サービスであることは同じです。また、デジタルラジオでは1セグメントを用いた形式も用意されており、技術的には類似の方式を使っています。

ただ、「ワンセグ」のサービスは、地上デジタル放送と同一内容の番組を提供するのに対し、デジタルラジオでは、複数の音声や高品質な音楽の提供を主体とし、動画のサービスも可能となるなど、サービス内容は異なっています。

技術的には類似の方式を採用していることから、将来的には両方のサービスを受信できる受信機が発売されると期待されています。

 

ワンセグチューナーに関する質問

ワンセグチューナーに関する質問集 INDEX

こちらではFOVU ワンセグチューナーに関するお客様から寄せられたご質問の中から多かったものを掲載しております。

質問の部分をクリックするとその質問に関する弊社の返答を記載しております。

また、こちらに掲載してない質問などございましたらお気軽にサポートダイヤル及びお問い合わせフォームまで
お問い合わせください。

ワンセグチューナーを取り付ける場合はアナログチューナーを外して入れ替えるのですか?

アナログチューナーを外す必要はありません。ワンセグ放送は外部入力画面に表示されますので、アナログチューナーと併用できます。

同梱品のみで、取り付け可能ですか?

●純正ナビの場合
外部入力端子があれば、そのまま使用できます。
外部入力端子が無いときは、当社製品のビデオハーネスで適合があれば使用できます。
外部入力端子が無いときは、当社製ビデオ入力ハーネスを別途ご購入ください(適合がある場合のみ)。

●社外ナビの場合
外部入力端子はほぼついていますが、ついていないナビをお持ちの場合は接続できません。

配線は簡単ですか?

電源は付属のシガープラグアダプターをシガーソケットに差し込むだけで簡単に取ることができます。モニターの入力端子への配線は映像1本、音声2本の接続です。モニター裏に入力端子がある場合はモニターを取り外す必要があります。

純正(標準・メーカーオプション)若しくはディーラオプションTV(ナビ)装着車なのですが、ワンセグを接続して走行中...

純正で外部入力端子(RCA)はついていますか?付いているのなら、TV-KIT装着で走行中ワンセグ放送を見ることはできます。

純正で外部入力端子(RCA)がない場合、当社ビデオ入力ハーネスとTV-KITを装着することにより視聴が可能です。ビデオ入力端子の適合が無い場合には装着できません。

○○製のナビゲーションですが、これにも適合しますか?

上記の問い合わせについては、弊社で情報を持っていないため正確な回答が出来ません。

お手数ですが、お持ちのナビゲーションメーカーのサポート窓口にて、『○○の機種ですが、この機種に外部(映像・音声)入力端子がありますか?』と問い合わせをして確認願います。

外部入力端子があればワンセグチューナーは取り付け可能です。機種によっては外部入力端子をオプション設定にしている場合もありますので、各ナビゲーションメーカーのご確認ください。

何インチの画面サイズまで綺麗に映りますか?
推奨サイズは7インチ以下ですが、ワンセグ放送は1秒間に15コマのスピードで表示する構成となっていますので、場合によってはアナログ映像(1秒間に30コマのスピードで表示する構成)よりも劣化したように見える場合があります。
ヘッドレストモニターなど後付モニターに接続して車のスピーカーで音を聞けるようにすることはできますか
製品の映像出力端子と後付モニターの映像入力端子を接続することで映像は出ます。音声に関しては車両側に音声外部入力端子(RCA)を持った機器が装着されていて、且つその機器と車両側スピーカーが接続されていれば、SDOT101の音声出力端子とその音声外部入力端子を接続して、その機器で外部入力を選択することで、後付モニターにワンセグ映像が映り、車のスピーカーからワンセグ放送の音声が聞くことができます。 音声外部入力端子を持った機器が装着されていない場合、FMステレオモジュレーターなどの機器を接続することで車両のFMラジオを使用してスピーカーから音を聞くことが可能です。
ワンセグチューナーは家庭用のテレビにも使えますか?
SDOT101はオプションのACアダプターを用意することで家庭用テレビにも使用できるよう設計されていますが、画面の大きなテレビに映すと荒く見えたりコマ送り映像のように見える場合があります(推奨画面サイズ7インチ以下)。
ワンセグ放送でデータ放送や字幕放送(画面の下に出る文字放送)があるようですが、SDOT101では表示されますか?

本製品で緊急警報放送(EWS)・番組表(EPS)・データ放送を受信することはできません。また、字幕表示にも対応していません。

アナログ放送の場合、副音声を持った番組だと主音声も副音声もモノラル音声ですが、ワンセグ放送の場合はどうですか?
ワンセグ放送は主音声も副音声もステレオ音声です。
放送によって画面の両脇に模様のような固定された画像がある場合がありますが、これは何ですか?
ワンセグ放送は16:9の映像サイズが基本になっていますので、放送している映像が4:3の場合、16:9サイズにする為に放送局側が両脇に模様のような画像を貼り付けてくるのでこのような表示になります。
付属のAVケーブル仕様について

ピン端子(RCA)ケーブル 1m です。長さが足りない場合には延長ケーブルを別途ご用意下さい。

市販のAVケーブル(ピン端子ケーブル)は使用できますか。

使用できます。

ただし、ケーブルの長さによっては、映像が乱れてしまう場合があります。

また、本体の入出力端子は4極ピンジャック端子になりますので、RCAピン端子⇔4極ミニジャックのケーブルをお使い下さい。

4極ミニジャックの仕様は、ジャックの先端から「音声(L)」、「映像」、「グランド(アース)」、「音声(R)」となっております。

専用アンテナ仕様について

専用アンテナは車体ルーフ上などに設置するホイップタイプです。

市販の車載アンテナを使用することも可能ですが、サポート対象外となります。 

アンテナケーブルの長さはどれくらいですか?
約3mです。